シボレーアストロの買取り相場について

シボレーアストロの買取り相場について

アメリカではミニバンだが、日本ではラージサイズのRVとなるアストロの輸入が始まったのは1993(H5)年3月。当時はアメリカでは人間重視のマルチパーバスビークルとしてピープルムーバーなどと呼ばれていた。全長約4.8m、全幅と全高は約2mという堂々たるボディは、箱を思わせる角張ったもの。インテリアはコラムシフトの採用やフラットフロアによって前席から3列目のシートまでウォークスルーが可能。シートは2/2/3人掛けの7人乗りとなる。エンジンは4.3LのV6だが、2WD用と4WD用では異なるチューニングが施され、4ATとの組み合わせだ。(1993.3)

 

 

アメリカ本国ではミニバンと呼ばれるサイズのワゴン車ですが、日本で走るとフルサイズバンといっても大げさでは無いサイズのワゴン車アストロです。

 

アストロの輸入が始まったのは1993年で当時はまだ日本でもミニバンという言葉すら定着していない時期。

 

いまでこそアルファードやエルグランド等といったミニバン(フルサイズだが)が走っているが、そのミニバンのはしりといった車種。
シボレーアストロ,買取り相場
エンジンは4.3のV6エンジンで、シートは3列の7人乗りが標準。

 

2WDと4WDがあり、新車価格は330万円から380万円と割安の価格だった。

 

今では生産もされていない車種なのですが、まだまだ人気があり。

 

古い車種でも価格は一定。

 

今でも年式や程度にもよるが、高く買い取ってくれる可能性もある車種です。

 

買取価格は20万円から100万円以上と幅広く、特にコンバージョンと呼ばれるキャンピング仕様が人気。

 

年式グレード走行距離買取相場

 

2003年式(平成15年LS約30,000km40万円 〜 50万円

 

2002年式(平成14年LS約55,000km24万円 〜 34万円

 

 

page top