車の査定は下取りと買い取りのどちらが得か?

車の査定は下取りと買い取りのどちらが得か?

アメ車を買い替える時に、古いアメ車をどうするか悩んだという経験がある方は多いのではないでしょうか。

 

車屋さんに行くと、下取りという方法と買い取りという方法があることが分かります。

 

アメ車を買い替える時には、下取り買い取りのどちらの方がお得なのでしょうか?

 

 

車を売りに行くと、査定というものを受けることになります。査定、というのは、持ちこんだアメ車がいくらくらいの価値のあるものなのかというチェックのことです。

 

査定のポイントは、アメ車の種類と年式、走行距離や外観の状態などです。

車の査定は下取りと買い取りのどちらが得か?

 

 

さて、下取りと買い取りという言葉はよく耳にするにしても、どのような違いがあるのかを説明するのは意外と難しいものです。

 

下取り、というのは、古いアメ車を売り、その代金をそこで買う新しいアメ車の購入資金の一部にするというものです。

 

つまり、この場合は新しいアメ車は売ったところで買わないといけないということです。
一方の買い取りというのは、持ちこんだアメ車を文字通り買い取ってもらい、代わりに現金をもらいます。
なので、そこでアメ車を買い替える必要はありません。

 

買い取りと下取りのどちらが得かですが、アメ車が人気のアメ車種である場合は、買い取ってもらう方が査定額が高い傾向があるようです。
逆に少し古い型や人気のないアメ車種の場合は、下取りで新しく買うアメ車の購入資金に充てた方がお得だということです。

page top