日本車を売る場合との違い

日本車を売る場合との違い

外国の車を売る際には日本車を売る場合とどう違うのでしょうか?

 

アメ車を含む外国車を売る場合と日本車の違いと、高く売るためのコツをご紹介します。

 

日本車を売る場合との違い記事一覧

日本車と外国車の違いは、まずその価格の差があり外国車の方がその現地では大衆車にもかかわらず少し割高になります。が最近の為替レートの差は昔ほどではないので、ヨーロッパの車でも比較的に手の届くものになりましたが、日本代理店を通じての取引なのでマージン分の価格上乗せと関税のために日本車とくらべて少し高めです。これと同様の違いでに車検の時の費用も外国車の方が日本車よりも高く、部品の交換取り寄せにあると代理...

欧米の外国車は、国産車と比べてはるかに長い歴史を持っています。その歴史がそれぞれの国のクルマの特徴を形作ってきました。また、その国の国民性などもクルマ作りに大きく影響を与えています。たとえば、フェラーリやランボルギーニ、アルファロメオ、マセラティなどのイタリア車の特徴の一つは、個性的なデザインにあります。お洒落でデザインのセンスが優れているイタリア人の特徴がそのままクルマにも反映されている形です。...

アメリカ製の自動車、いわゆるアメ車の特徴としては、排気量が高く、車幅が広く、長さもかなり長いといったことが、ユーザーの間の中で広まっていました。アメ車といえば、とにかく大きいといったことが、大きなくくりの中での特徴だったわけです。この伝統的なアメ車の見られ方は、長い間、信仰されてきた感すらもあります。しかし、その特有の特徴が見直される時が来ました。いや、見直さざるを得ない時と言い換えても良いでしょ...

国産車とはちがう走りの感覚や個性的なデザインで人気の外国車。しかし修理代等の維持費が高いというイメージがあります。実際にどうかといえば、やはり国産車と比べて割高になることが多いです。かつての「外国車はよく故障する」というイメージは完全に過去のもので、少なくとも2000年代以降のモデルでは、エンジンやミッショントラブル等の深刻な故障はほとんど起きなくなってきています。しかし、タイミングベルトやブレー...

page top