日本車と外国車の違いは?

日本車と外国車の違いは?

日本車と外国車の違いは、まずその価格の差があり外国車の方がその現地では大衆車にもかかわらず少し割高になります。

 

が最近の為替レートの差は昔ほどではないので、ヨーロッパの車でも比較的に手の届くものになりましたが、日本代理店を通じての取引なのでマージン分の価格上乗せと関税のために日本車とくらべて少し高めです。

これと同様の違いでに車検の時の費用も外国車の方が日本車よりも高く、部品の交換取り寄せにあると代理店を通じてなのでその分のマージンがあるために仕方ない部分があります。

 

ハンドルに関して違いは、右左ありますが最近では日本仕様に作るのでそれほど差異はなくなりました。

 

それ以外には外国車のほうが、車内はゆったりでシートに作りがしっかりしているのは日本人と外国人の体格の違いのせいか、外国の方がすぐれています。

 

そしてこれはヨーロッパに限ってですが、日本車ではトラックが中心のディーゼル車が主流で、ディーゼル車の方が二酸化炭素の排出が少ないので環境によく、いまではディーゼル車でも窒素酸化物の排出をマフラーでカバーして少ないする技術が進歩しているので日本車よりもエコな部分がありますが、アメリカに代表するよう車は、相変わらずの燃費で二酸化炭素の排出について考慮がまだ薄く、ハイブリッド車の普及は日本ほどではないです。

 

また日本車でも高級車はスティタスシンボルとして感じを与えますが、外国車というだけで所有しているステイタスシンボルになる傾向があります。

 

トップページ

page top