デロリアンの販売価格

私が好きなアメ車は、デロリアンDMC-12です。

 

 

このアメ車は、

 

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で、

 

時を越える車として登場しました。
デロリアンの販売価格

 

その時に、なんてカッコ良い車なのだろうと思い、

 

興味を引かれました。

 

 

そして、デロリアン誕生の背景を知り、

 

ますます興味が沸きました。

 

 

この車が誕生したのは、

 

1981年。

 

 

ですが、

 

その構想には長い年月をかけた車で、

 

一人の男性の情熱が注がれていたというのが、

 

とても魅力的に思えたのです。
デロリアンの販売価格

 

デロリアンを誕生させた、

 

ジョン・ザッカリー・デロリアンさんは、

 

自分が理想とする車を作るために、

 

ゼネラルモーターズの副社長の座を退き、

 

デロリアン・モーター・カンパニーを創りました。

 

 

外部塗装はせずに、

 

ステンレスで全面を覆うという、

 

かなり斬新なアイデアは、

 

当時はかなり珍しかったと思います。

 

更に、

 

更に、

 

ガルウィング式のドアも、

 

まさに未来を考えた車だと思います。

 

 

残念ながら、

 

会社の方は1982年に解散してしまいましたが、

 

映画への登場で、

 

再び脚光を浴び、

 

倒産後にデロリアンの設備に関する事を取得したスティーブン・ウィンさんにより、

 

2007年からデロリアンDMC-12は、

 

再生産される事になりました。
デロリアンの販売価格

 

ですが、

 

なかなか市場に新車がたくさん出回るというまでにはなっていないのが残念です。

 

 

デロリアンの価格は、

 

開発当初は1600万円、

 

今でも中古でも1000万円前後と、

 

高額な車ではありますが、

 

将来、

 

デロリアンはかなり注目されるアメ車になるのではと、

 

期待しています。

 

 

その時には、

 

かなり価格もリーズナブルになっていると、

 

更に良いと思います。

 

 

今、

 

自動運転の車の開発がかなり進んでいますが、

 

その時に、

 

デロリアンが自動運転になったなら、

 

これほど未来の車はないと思います。

 

 

一人の男性の情熱が全て詰め込まれたアメ車は、

 

だからこそ、とても魅力的で、

 

他に類を見ないのだと思います。

 

 

映画で知ったデロリアンですが、

 

いつしか、

 

乗ってみたい憧れのアメ車になっていました。

 

 

トップページに戻る

 

ページの先頭へ戻る