シボレー・エルミカーの相場

もっとも思い出がある車は、

 

シボレー・エルミカーノです。

 

シボレー・エルミカーノの相場

 

エルミカーノは、

 

イタリア語で道を意味する言葉で、

 

モデルチェンジを繰り返しながら、

 

愛されている車です。

 

 

中でも、

 

1959年に発売された初代のエルミカーノは、

 

販売数も少なかった為、

 

その生産は早々と打ち切られてしまったので、

 

かなり貴重な物です。

 

 

2ドアピックアップトラックという、

 

このスタイルを見た時に、

 

そのお洒落さと実用性が、

 

今までのアメ車とは何か違うと思いました。

 

アメ車のイメージというと、

 

アメ車のイメージというと、

 

どうしてもカッコ良いというイメージが強いのですが、

 

エルミカーノの場合は、それ以上に、

 

使い勝手の良さが際立っていた気がします。
シボレー・エルミカーノの相場

 

エルミカーノは、それからも何度かモデルチェンジをしていますが、

 

私はやはり初代のエルミカーノが一番好きです。

 

 

一度だけ乗っている人を見た事があり、

 

そのカッコ良さは、

 

今でも覚えています。

 

 

思えば、

 

アメ車というものを初めて見たのが、

 

この時でした。

 

 

日本車も、

 

もちろんそのスタイルや機能性は高く重視されていますが、

 

アメ車には、

 

独特の魅力があります。

 

 

エルミカーノは、

 

その車体の色からして、

 

とても渋く魅力的です。

 

シボレー・エルミカーノの相場
価格は、

 

初代はかなりのビンテージカーなので、

 

その価格も高額ですが、

 

モデルチェンジをした物でも、

 

1000万円を越えるものは多く、

 

その価格の高さからどれだけ価値が高いかが分かります。

 

 

エルミカーノは、

 

その車内も広く、

 

二人乗りですが、

 

かなりの高身長な男性でも、

 

楽に乗る事が出来ますし、

 

荷台にはかなりの荷物を乗せる事が出来るので、

 

仕事や買い物に、

 

レジャーにフル活用出来ます。

 

 

モデルチェンジを繰り返しながら、

 

1978年から1987年にかけて造られた5代目が最後のモデルとなっています。

 

 

それまで2灯式のヘッドランプが、

 

1982年には角灯4灯となり、

 

わずかにモデルチェンジをしながらも、

 

そのスタイルを変えなかったエルミカーノは、

 

まさに理想そのもののアメ車です。

 

 

 

トップページに戻る

 

ページの先頭へ戻る