高級SUVキャデラックエスカレード

アメ車の代名詞といえば、なんといっても、

 

キャデラックです。
高級SUVキャデラックエスカレード

 

1902年に設立された会社で、

 

以来、

 

多くの著名人に愛されてきました。

 

 

その中でも、

 

エスカレードというキャデラックは、

 

そのフォルムもさながら、

 

その車内の広さには驚きます。

 

 

全長5,195mmという、

 

ロングサイズで、

 

その存在感は圧倒的です。
高級SUVキャデラックエスカレード

 

初めてエスカレードが誕生したのは、

 

1999年の事でした。

 

最初の頃は、

 

最初の頃は、

 

べースとなったユーコンとの差があまり感じられず、

 

高級感はあったものの、

 

人気は得られず、

 

残念ながらエスカレードは、

 

販売は1年あまりで終了してしまいました。

 

 

ですが、

 

2002年。

 

 

モデルチェンジしたエスカレードが誕生しました。
高級SUVキャデラックエスカレード

 

ロングサイズとなった2代目のエスカレードGMT800は、

 

4WD方式を採用され、

 

人気も上がりました。

 

 

初代のエスカレードの失敗を踏まえた為か、

 

やはりユーコンをべースにしながらも、

 

 

全く趣が異なる車種へと変貌を遂げた事が、

 

その人気を高めた原因であると思います。

 

 

なんといっても、

 

高級ブランドであるブルガリとタッグを組んだ高級な内装は、

 

高級感を重視していて、

 

アメ車の中でも、

 

これほど豪華な内装はそうそうないと思います。

 

 

この二段目エスカレードは、

 

2007年にモデルチェンジをするまで、

 

高級SUVの代表的な車種でした。

 

 

一度は乗ってみたいと、

 

誰もが憧れる車種です。

 

 

ですが、

 

気になるのはやはり価格です。

 

 

高級内装を施している内装は

 

やはりかなりの高級品です。

 

 

モデルチェンジを繰り返しているエスカレードですが、

 

新車となると、

 

やはり1200万円はかかります。

 

 

中古でも、

 

やはり500万から1000万までと幅広いです。

 

 

アメ車の価格は、

 

確かに高いイメージはありますが、

 

中でもエスカレードはかなりの高級車種だと思います。

 

 

ですが、その内装などを見ると、

 

誰もが納得してしまいます。

 

 

エスカレードは、

 

アメ車好きな人にとっては、

 

誰もが憧れる車種であると同時に、

 

持っている事で、

 

最高のステイタスを持てる車種だと思います。

 

 

トップページに戻る

 

ページの先頭へ戻る