千葉県でアメ車専門買取が出来ます。高価買取で満足!

アメ車の買い方!

アメ車を買うには

アメ車を買い換えたい!とお考えの方にはやはり専門店がおすすめ!

 

なんですが、確かに安心ですが値段もそこそこですよね。

 

基本的にはアメ車といっても国内にディーラーが数多くあるので、ディーラーから買う方が安心できますね。

 

そもそもアメ車って壊れるというイメージが強い方が多いようです。

 

最近のアメ車は昔のアメ車と違って、それほど壊れないんですよ。

 

というか、アメ車の本国アメリカでは、車はメインテナンスしながら乗るものという考え方が昔からありました。

 

現在でも私はそう思っています。(アメ車というか車自体ですが)

 

で、一昔前の日本車はやはり世界的に見ても丈夫で燃費も良くてコンパクトで乗りやすいという印象が強かったようです。

 

特に日本車は日本に特化した車だったのですから当たり前ですね。

 

仕事に追われて車のメインテナンスもしている暇のない日本人も多かったでしょう。

 

家もアメリカのように庭が広くてガレージが有ってという家も少ないです。

 

そんな中車を売る日本車のメーカーは、基本的にメインテナンスをしないと乗れないという車じゃ売れないのが分かってきて、そのため最低でも定期点検をディーラーにて行えば壊れずに走れるよ!というのが定着してきたんですね。

 

そんなに本社は当然世界でも人気が出てきます。

 

どうせ同じ車ならメインテナンスなどに気を遣わずに、毎日元気に走れて、燃費も良くてお金のかからない方が良い!という風になっていたんです。

 

それが定着してくると、世界の自動車メーカーは当然シェアを奪われるわけです。

 

そしてその奪われたシェアを取り戻すために、壊れない、燃費の良くて乗り心地の良い車を作って行ったんです。

 

その結果、今ではメインテナンスをしないとすぐに壊れるというような外国車もほとんど聞かなくなりました。

 

どちらかというと、基本設計が細かいために、日本車の方が壊れるんじゃないか?という時代になっていますね。

 

特に走行距離に対しては日本車はエンジンやサスペンションなどは弱いです。

 

世界じゃあれだけ広い国が多いわけですから、30万40万キロなんて当たり前に走るんです。

 

同じ距離を考えると日本車の方が壊れやすいくらいですけどね。

 

ま、昔のアメ車も壊れないのですが、自己メインテナンスが日常のアメリカ人と日本人の考え方の違いなのですが。

 

そんなアメリカでも一番売れているのは”トヨタ”です。

 

そうなんです。そのトヨタは日本製ですが、アメ車の本国でも日本の車感覚がやはりスタンダードとなっています。

 

昔はGMといえば世界最大の自動車メーカーだったのですが…

 

とは言えアメ車メーカーもそのスタンダードに合わせてきてはいるのが最近のアメ車なんですね。

 

なのでここ10年以内くらいのアメ車はかなり信頼性がアップしていると言っても過言ではありません。

 

ある程度オイル交換くらいはカーショップなどに持っていってでもメインテナンスすればそうそう壊れない車となってきています。

 


アメ車選びは慎重に

とはいえ、アメ車は壊れないわけでは無いですね。

アメ車,高価買取,買い替え

 

アメ車というか、外車に乗るには程度の良い個体を探す必要があります。

 

これは程度の悪い個体が出回っているからというわけでは無く、もし壊れた時のことを考えると、最初から程度の良い個体を見つけたほうが結果的に安く済むからです。

 

日本車であれば、修理をしてもたかが知れているのですが、外車ですと同じ故障でも2倍も3倍もお金がかかってしまいます。

 

なので最初から程度の良い車両を安く見つけましょう!

 

アメ車を探すには近くのディーラーなどでディーラー中古を探すのが一番安心です。

 

ただディーラー中古車って、中古車の相場からすると高いですよね?

 

そもそも最近の車は壊れづらいので、並行輸入車でなければそれほど心配することも無いですね。

 

ここ10年くらいに作った車はそうそう壊れないですよ。

 

新車を買う方は問題ないですが、中古車を買う方にオススメのサイトがあります。

 

 

こちらは中古車がメインですが、新古車と呼ばれる『登録しただけの新車』も販売しています。

 

これがかなりお得なのですが、ディーラーなどが月末に売り上げ調整するためだけに登録した新車などが出回っています。

 

登録済みなので車検や税金がかからないんです。

 

車両本体と必要諸経費と考えても、まっさらな新車を買うのに比べると数十万円も得に買えます。

 

そして中古車も、全国のディーラーや中古車店の情報を網羅して、希望の車種、希望の色、希望のグレードなどを指定して探す事が可能です。

 

このズバット車販売なら、あの老舗の車買取サイトであるズバット買取の姉妹サイトなので、買取の方も高額で買い取ってもらえて良い車が安く買えるという降順化をお試しください。

 

アメ車を買うには?記事一覧

アメ車とは?アメリカの車のことですが、アメリカのモノってなんでもかっこいいですよね!アメリカのポストだったり、アメリカのはがきなんていうのもかっこいいです。一番カッコいいのは”アメ車”ですが。そのアメ車の魅力をご紹介します。まずはアメ車といえば”V8”エンジン!大排気量のV8エンジンの音を聞くだけで惚れちゃいます〜『ドロドロ』という音の感じがたまらなく良いですね。完全に無駄な排気量で、無駄にデカイ...

アメ車というと40代から上の世代の方は憧れのかっこいい車というイメージが強い方と思います。大きいボディーに大排気量のエンジン!とにかく全てがビッグで、目立つ存在ですし、とにかくアメリカを象徴していてカッコイイ!そんなイメージでしょうか?いつの間にかアメ車も4WD以外の車はそれほど見なくなってしまいました。カマロやコルベット等のスポーツカーもたまに見るくらいです。どちらかというと今はヨーロパの車が外...

アメ車、それはどの年代でも共通する男のロマンです。昔のアメリカンな車たちはマッスルカーと呼ばれ、絶大な人気を誇りました。その魅力的なアメ車を年代別に人気車種を紹介していきます!まずはいきなりアメ車黄金期の1960年代から。60年代といえば、日本は高度経済成長の真っ只中で自動車業界も有名になり始めた頃です。「シボレーインパラ」シボレーブランドの最高級車種で、今でもカスタムベースなど人気を誇ります。「...

最近のアメ車は昔ながらの大排気量、デカイ、重いっていうキーワードは似合わない?ここ数年自動車業界は大きく変貌しました。とくにこの10年は自動車業界も燃費競争のなかにありました。アメ車といえば代表されるのが大排気量エンジンですので、アメ車といえば燃費が悪いというイメージが強い方も多いんでは無いでしょうか?ですがここ10年のアメ車、特にここ3年の新車で発売されているアメ車には、燃費もいい、スタイルも抜...

車体が大きくて排気量が比較的に大きいです。アメ車には、ビックスリーやジープやダッジなどがあります。直線が続く道路をかっこいいエンジン音でさっそうと駆け抜けるシーンは、映画でも見たことがあるのではないでしょうか。現在は、欧州車化が進んでおり、この魅力は少しずつ薄れてきているようです。 アメ車は燃費が悪いイメージがありますが、最近のアメ車を購入するのであればあまり気にしなくてもいいでしょう。 注意した...

アメ車はアメリカ車の略です。車体が大きくて排気量が比較的に大きいです。アメ車には、ビックスリーやジープやダッジなどがあります。直線が続く道路をかっこいいエンジン音でさっそうと駆け抜けるシーンは、映画でも見たことがあるのではないでしょうか。現在は、欧州車化が進んでおり、この魅力は少しずつ薄れてきているようです。アメ車は燃費が悪いイメージがありますが、最近のアメ車を購入するのであればあまり気にしなくて...

ジープ レネゲードアメ車といえば、デカイ!というイメージですよね。燃費も良くなく、日本の狭い道だと走行しにくいなど、良くも悪くもダイナミックなイメージです。しかし狭い日本において、そのダイナミックなボディで悠々と疾走する快感という魅力もあります。そしてデカくてゴツくてアウトドアなイメージのあるアメ車、ジープ。海や山でのイベントにジープで迎えに行けたらカッコいいですね。悪路などもワイルドに踏みしだい...

アメ車には様々なタイプの物がありますが、女子が好きな可愛い物はどんな物があるか調べました。1つめは、ワーゲンバスです。海外でも見かけたりしますが、丸い車体にクリーミーな色使いや、赤や青、まるでおしゃれなミニカーのようです。キャンプに乗っていったりしても、気分が上がりそうですね。排気量を考えてアメ車じゃない方か悩んでいる方は、国産の軽自動車をアメ車風に大変身させてくれる業者もあります。価格は110万...

アメ車といえば私はフォード車のムスタングを思い浮かべます。ムスタングとは野生馬の事です。その名の通り、骨太なボディに頑丈な安定性を備えたマッチョな車です。私は特に1965 ファストバックがお気に入りです。トップモデルはGTで、1967年モデルは映画ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFTに緑色に白のストライプバイナルで登場しました。かなり印象的でこれぞアメ車!と一目惚れしました。1968年モデ...

 アメ車はその大きさと燃費の悪さが日本では人気がでないネックになっていますが、最近のアメ車は燃費をそこまで気にしなくてもいい物もでてきました。 コンパクトになってきているアメ車もあり、おしゃれな外観で人気のある物もあります。日本ではどんな物が人気なのでしょうか。 1つめはシノレーです。シボレーといえば60年以上の歴史を誇るコルベットやカマロといった日本人にもお馴染みのスポーツカーがあります。見た目...

アメ車の堂々たる存在感はいつの時代でも憧れの存在ですね。特にキャデラック エスカレード は見かける度に、その堂々たる体躯に釘付けになります。高級SUV車として1999年に初代キャデラック エスカレードが誕生しました。ESVモデル、EXTモデル、ハイブリッドモデルは日本には正規輸入されていないので、それを個人輸入して乗るとなると、かなりの価格になり、多大なステータスになりますね。2015年にフルモデ...

アウトドアが好き、男らしさや力強さが欲しい、そんな方はアメ車に乗ると気分が変わりますね。アメ車の中でも、ジープ チェロキーなら無骨過ぎず、スマートさもあります。価格も日本製の一般的なSUVよりは高く、ステイタスでもあります。軍用車であったジープをを一気に広めのがチェロキーです。日本でも4WDブームの頃に輸入されたので、知名度が高くなりました。そのかっこよさと使い勝手の良さで現在でも大人気のSUVと...

現在は手放しましたが平成17年頃新車でフォードのマスタングコンバーチブルを購入しました。排気量は3800でした。価格は当時で450万くらいだったと記憶しています。購入してよかった点は、馬力があることやオープンにして走行すると気持ちがよかったことです。そして感じたことは、アメ車と言うこともあって頑丈でした。購入して悪かった点は3つあります。まず一番目に、オープンカーと言うこともあるんでしょうが、新車...

アメ車と聞くと、燃費が悪い、ただデカイだけ、下品など思われる方もいらっしゃるとは思いますが、そこも含めてアメ車の魅力ではありますが、最近のアメ車はそうでもないんですよ。実際に私が所有していたフォード F1502005年製のもので排気量は5400ccで4wdトラックタイプでしたが、燃費は7〜8km/Lでした、だいたいの人はこんなデカイアメ車じゃ燃費悪いでしょ?などと聞かれますが、この事を言うと大抵の...

私は1995年制 フォード マスタングGTを当時新車にて購入。1980年代のアメ車、特にスポーツ系のアメ車に憧れを持っていつかはアメ車に乗りたいというのが夢でした。社会人になりいざ車を購入する時になり、アメ車に乗りたいと親に言うと、猛反対、その時の理由は、アメ車なんかガソリン捨てて走るようなもんだ、下品だからやめろ、近所に恥ずかしいなどとまぁ〜ボロクソに言われました。仕方なく国産の中古車を購入しま...

やっぱりアメ車の魅力は豪快という一言だよね!アメ車が好きでアメ車を何台も乗り継いでいます。アメ車の魅力は人により違いはあると思いますが、やっぱり私はアメ車の(ムダ)というところに魅力を感じます。その中でもムダにデカイというのが魅力の一つです。デカイエンジンにデカイボディなどがありますが、私の所有していたフォード F150 ラリアット をご紹介します。この車はトラックタイプの車で、ダブルキャブ(簡単...

page top