F150 ラリアットの魅力

やっぱりアメ車の魅力は豪快という一言だよね!
F150 ラリアットの魅力

 

アメ車が好きでアメ車を何台も乗り継いでいます。

 

 

アメ車の魅力は人により違いはあると思いますが、

 

 

やっぱり私はアメ車の(ムダ)というところに魅力を感じます。

 

 

その中でもムダにデカイというのが魅力の一つです。

 

 

デカイエンジンにデカイボディなどがありますが、

 

私の所有していたフォード F150 ラリアット をご紹介します。

 

 

この車はトラックタイプの車で、

 

ダブルキャブ(簡単に説明すると前例、

 

後列で座席がある4ドアタイプのトラックです)で、

 

排気量5.4L 幅は約2m 全長5.7mとかなりボディもデカイです、

 

また車高もインチアップしてあったので2.2mの高さがありました。

 

 

この車でアミューズメントパークなどへ行くと

 

駐車場警備の方に必ずといっていいほど

 

2台分の駐車スペースを用意してもえました。

 

 

(ご迷惑をおかけしてすみません)
F150 ラリアットの魅力

 

この車は4輪駆動という事もあり、

 

本国のアメリカでは軍用車としても使用されている車でもありますが、

 

民間では農家さんに需要がある車でもあります。

 

 

実はトラックタイプに興味は無かった!

若い頃からアメ車は大好きだったのですが

 

若い頃からアメ車は大好きだったのですが

 

どちらかといえばスポーツタイプのアメ車が好きだったんです。

 

 

マスタングやカマロ、

 

コルベットそして一番の憧れはダッチ バイパー!

 

 

(この車は価格も1000万以上するので所有した事はありません)

 

 

インディ500でも常連上位の車で

 

エンジンは日本車ではあり得ない8Lを積んでいます、

 

日本人ならこんなムダな車を作らずに

 

もっとコンパクトに同等スペックを出せるのでしょうけど、

 

単純なアメリカ人は 速い車を作るにはデカイエンジンにすれば速くなるんだよ〜

 

と考える国ですから、

 

そこが日本人と全く違う考えなんで、

 

そこがザッ!アメリカンって感じで好きなんです。

 

 

じゃあなぜスポーツタイプから4駆のトラックに興味が出たか?

 

それは本当に単純な事でした。

 

 

知り合いの車に寄った時にたまたま中古車として入ってきたのがこの車でした。

 

 

最初見た時は うわーデカイなぁ

 

っというのが第1の感想でした、

 

その後何気なく この車エンジンかけさせて と

 

知人に頼むと いいよ との返事が。

 

 

キーを借りてエンジンをかけると

 

腹の底に響くような音がして、

 

スポーツタイプのエンジン音とはまた違うエンジンが。

 

 

そして知人の車屋にちょっと試乗させて と頼むと なんだよ〜

 

気に入っちゃったの〜?

 

と言われ試乗させてもらうとなんとホイルスピンしながらロケットスタートするじゃありませんか!

 

惚れた

 

そこでアメ車初の4駆を所有してしまったんです。

 

 

このトラックタイプのアメ車は元々の価格はあまり高くないのですが、

 

あまり値落ちもしないのでそんな面も含めなかなかいい車でした。

 

トップページに戻る

 

 

 

ページの先頭へ戻る