アメ車のコスパ

自動車を作るということができるというのが

 

ひとつの国の生産力の指標になっている、

 

というのは間違いないです。
アメ車のコスパ

 

全ての自動車の部品をを国内で作ることができるという

 

産業力があってこそ一流の国というひとつのステップアップに繋がる部分があるわけです。

 

それが最初にできた国は一体どこであるのかというのは

 

なかなか難しいのですがアメリカが

 

相当に早くそれができるようになったという国でもあります。

 

 

ですからアメ車の歴史というのは実はかなり長いです。

 

日本とは比べ物にならないくらいのノウハウを蓄積されてきた車たちがお多いのです。

 

アメ車の価格は

 

アメ車の価格はどうしても日本車よりも高い上に

 

コストパフォーマンスもよろしくないというイメージがあるわけですが、

 

アメ車のパワフルな走りに魅了されている人というのも多くいるのは確かです。

 

 

装甲が厚く、

 

車内は大きく荷物を入れるところもかなり広く取られているという

 

イメージを持っている人が多いアメ車なのですが

 

これは実際問題として実用性がそういう方向で求められているからこそ

 

アメリカで作られているわけです。

 

自動車が普及した最大の理由としてアメリカの場合は郊外に家を持つ人が多く、

 

遠くまで買い物にいかないといけないからこそ、

 

荷物のスペースも大きくしておきたいという部分があったわけです。

 

アメ車のコスパ
もちろんスポーツカーなどに関してはまったくの例外ですが大きい車こそ、

 

アメ車の真骨頂といえます。

 

 

SUVなどがやはりアメリカでも人気になっているのですが

 

これも日本のものよりも多少大きくなっているという特徴的なことがありますから、

 

知っておくとよいでしょう。

 

アメ車の価格は確かに高く感じるかもしれませんし

 

維持費は高いのですがそれは多くの場合、

 

日本の税金が高いということがあります。

 

 

日本はとにかく車に税金をかけるということが多い国ですから、

 

そう感じてしまうことが多いのです。

 

何しろ、

 

アメ車といえば排気量が大きい事が多く、

 

それは税金も高くなってしまうということでもあるのです。

 

 

トップページに戻る

 

ページの先頭へ戻る