ジープ レネゲード はおすすめ!

ジープ レネゲード
ジープ レネゲード はおすすめ!
アメ車といえば、デカイ!というイメージですよね。

 

燃費も良くなく、

 

日本の狭い道だと走行しにくいなど、

 

良くも悪くもダイナミックなイメージです。

 

 

しかし狭い日本において、

 

そのダイナミックなボディで悠々と疾走する快感という魅力もあります。

 

 

そしてデカくてゴツくてアウトドアなイメージのあるアメ車、ジープ。

 

 

海や山でのイベントにジープで迎えに行けたらカッコいいですね。

 

 

悪路などもワイルドに踏みしだいてくれそうです。

 

 

カッコいいけど、そこまでワイルドでなくても…という方もいるでしょう。

 

 

そんな少しワイルドに、を実現させたのは、ジープ レネゲード です。

 

 

まず、レネゲード は色味がポップです。

 

 

私も一目みて、可愛い!と思いました。

 

 

そしてショートボディで女性でも運転しやすそう、と感じました。

 

 

車高がある割に走行に安定性もあります。

 

 

エクステリアもスタイリッシュで未来的です。

 

 

全体的に高級感より遊びゴコロを優先している感じです。

 

 

価格帯もアメ車にしては押さえられている印象です。

 

 

レネゲードはフィアット 500X の兄弟車として2015年に販売開始されました。

 

 

プラットフォームは、フィアット500Xと同じで、

 

GMと共同開発をした スモールワイド4×4アーキテクチャー を使用しています。
ジープ レネゲード はおすすめ!

 

グレードは

グレードは、

 

街乗り、

 

オンロード志向のLongitude limitedと、アクティブドライブロー採用して、

 

悪路走破性を高めたTrailhawkがあります。

 

 

エンジンのスペックは175馬力あり、

 

23.5kgmで最大トルク値はFF系に搭載される1.4リットルターボと同じになります。

 

 

しかし、発生回転数はこちらの自然吸気のほうが高くなります。

 

 

それをカバーしているのが9速のミッションとなります。

 

 

低いギヤ比でトルクをアップしタイヤに伝えられること、

 

9速という多段化によってスムーズな走りを実現できている特徴があります。

 

 

FFのような滑らかな加速ではありませんが、

 

SUV〜というよりはクロカン4WDらしい重厚な加速感を楽しむことが出来ます。

 

 

ハンドリングはFFに比べるとゆったりとしています。

 

 

タイヤサイズは同じですが、

 

FFがオンロードよりのタイヤを採用しているのに対し、

 

トレイルホークはグッドイヤーのベクター4シーズンというM+Sタイヤを履いています。

 

 

このベクター4シーズンはちょっとした雪なら走行可能なスノー性能が高いタイヤです。

 

 

ゆったり感のある乗り心地はこのタイヤと、

 

FFよりも30mm高い車高により、実現できています。

 

 

FFモデル同様に車線逸脱警告のレーンセンスが装着されていて、

 

その制御の強さは4WDのトレイルホークのほうがきついと言われています。

 

 

そんなレネゲードの価格は、

 

LONGITUDE 2,970,000円

 

LIMITED 3,186,000円

 

TRAILHAWK 3,456,000円

 

となっています。

 

 

個性が光る、最新鋭のSUVです。

 

トップページに戻る

 

 

ページの先頭へ戻る