フォード マスタングGTの馬力

私は1995年制 フォード マスタングGTを当時新車にて購入。
フォード マスタングGTの馬力

 

1980年代のアメ車、

 

特にスポーツ系のアメ車に憧れを持って

 

いつかはアメ車に乗りたいというのが夢でした。

 

 

社会人になりいざ車を購入する時になり、

 

アメ車に乗りたいと親に言うと、

 

猛反対、

 

その時の理由は、

 

アメ車なんかガソリン捨てて走るようなもんだ、

 

下品だからやめろ、

 

近所に恥ずかしいなどとまぁ〜ボロクソに言われました。

 

 

仕方なく国産の中古車を購入しました。

 

 

その車に文句があった訳ではないですが、

 

アメ車に乗りたい自分の気持ちを押し殺し乗っていたので

 

余計アメ車に対して乗りたい、

 

欲しいという気持ちは強くなるばかりでしたが、

 

それでも3年弱ほど乗っていました。

 

 

そんなある日、

 

新型マスタングのカタログを手にする機会がありました。

 

 

そのカタログを見てカッコいい!

 

これが欲しい!

 

という衝動が起きました。

 

 

私はすぐにフォード取扱店へ行き試乗をしました。
フォード マスタングGTの馬力

 

試乗したマスタングは一つ下の3.6Lエンジンのものっしたが、

 

それでも日本車と違うエンジン音、

 

アクセルを踏み込むと軽くホイルスピンをするなど

 

日本車にはない感覚がありました。

 

 

もちろんもう購入する気でいました。

 

 

ですがやはり先立つ物は価格です。

 

 

もちろん初めての外車購入ですので、

 

1000万引きくらいするのかと思っていました、

 

その当時はアメ車の中古車ばかりを見ていたので

 

新車の価格なんて知りませんでした。

 

 

さて、

 

試乗が終わり店員さんとお話しタイムです、

 

一通り車の説明をしてもらい本題の価格です。

 

 

店員さんから車体価格を聞けばさっき試乗した車の車体価格はなんと330万!

 

 

えっ??手が届く!と思いました。

 

 

次にその上のグレード4.6Lエンジンを積んだ車体価格はなんと450万!

 

 

3.6Lの方はシートがファブリックつまり布制に対し、

 

4.6Lエンジンは本革、

 

しかも色も選べる!

 

 

もう頭の中は4.6L GTでいっぱいです。

 

 

ただまだ試乗してないので、

 

どんな感じかもわからないので、

 

その日に購入は諦め後日試乗を用意してくれるという事なので

 

試乗車がくる日を待つことに。

 

 

さてディラーから連絡があり、

 

ウキウキ気分で試乗へ!

 

 

いざ試乗!

 

たかが1Lの差でこれほどちがうかっ!

 

という感じでした。

 

 

その日に即決し遂に念願のアメ車購入を果たしました。

 

 

さてこれまでの経過を親は知りません、

 

もう後には引けないので買ってしまえばこっちのもの!

 

納車までじっくり待ちます。

 

 

さて、

 

待ちに待った納車の日

 

待ちに待った納車の日、

 

3年弱乗っていた愛車をディラーに託し、

 

新車のマスタングオーナーとなりました。

 

 

それから約5年ほど乗っていました。

 

 

外車は壊れる、

 

故障するというイメージがある人も多いかと思いますが、

 

特に目立つ故障も無く5年無事に走ってくれました。

 

 

ただ日本車は内装も至れり尽くせりであるのに対し、

 

アメ車は必要最低限のものしかついていないのでその辺はご容赦ください。

 

トップページに戻る

 

 

 

ページの先頭へ戻る